症状軽い時にザナミビルを服用して顔の乾燥がある場合

ザナミビルを服用するのはインフルエンザに感染したことが確認されてから48時間までとなっていて、それ以降に飲んだとしても効果はほとんど無いとされています。症状軽いときにザナミビルを飲んでおくと高熱などの時間が短くなるので体力の消耗を抑えることができます。ザナミビルは副作用の少ない抗ウイルス薬ですが、顔の乾燥などの皮膚の症状や幻覚などの症状がごくまれに起こるとされています。ザナミビルを症状軽い時に服用することでインフルエンザの進行を止めることができますが、病院で処方されるので、インフルエンザの症状がないと服用することができません。最近では症状軽い場合でも検査キットで調べて感染していることが確認できるので、その場合にはザナミビルの処方を受けることもできます。またインフルエンザの患者と接触した場合に予防的に利用することで感染を防ぐことができますが、副作用があるの小児や高齢者に対してはあまり処方されていません。ザナミビルは耐性が起きにくいという特徴があるので、国内での感染者の増大に備えて備蓄することも検討されていますが、現在では様々なタイプの抗ウイルス薬があるので、見直しが求められています。ザナミビルは口から飲んだ場合には2%程度しか効力を発揮できないので、吸入器を使って利用されるようになっています。専用の吸入器を使わなければならないので、高齢者や子どもに関しては服用が難しいので、経口投与することができる薬が主流となりました。しかしザナミビルは耐性ウイルスの出現が見られないので、使用量が大幅に増大しています。また副作用に関しても重いものがほとんど見られないことから、タミフルよりも処方される量が多くなっています。