ザナミビルの料金とウイルスの変異について

インフルエンザ治療薬は様々なタイプのものがありますが、最初の段階では保険が適用されていなかったので、料金は普通の薬よりも高額でしたが現在では保険の適用になっています。ザナミビルはウイルスの変異による耐性が起きていないのがメリットとなっていて、タミフルなどでは耐性ウイルスが発生しましたが、ザナミビルの耐性ウイルスは現在でも存在していないので、積極的に処方されている抗ウイルス薬です。ウイルスの変異は一般的に起こる現象ですが、変異を起こしたウイルスがそのまま増殖を繰り返すことはまれなので、これに対応することがザナミビルなどの抗ウイルス薬にとっては非常に重要なことです。抗ウイルス薬は新薬が比較的速いペースで開発されているので、料金が高い場合もありますが、先進国ではウイルスの蔓延を防ぐために一定の補助などを行っているので、料金は一定に保たれています。抗ウイルス薬に関しては有効性が認められるまでは健康保険の適用範囲外になるので、1年程度の期間を経過してから保険適用されることが多くなっています。また鳥インフルエンザが爆発的に流行した場合にはザナミビルなどを積極的に利用するので、不足する可能性が指摘されています。しかし抗ウイルス薬は新薬が開発されているので、ザナミビルを備蓄の対象とする判断については慎重に行われることになっています。ウイルスは変異を起こすと僅かな確率ですが、薬に対して耐性を持つタイプのものが発生することがあります。タミフルについてはすでに耐性ウイルスが発見されているので、効果が出ない場合もあります。また他の抗ウイルス薬に関しても処方が多くなることで、耐性ウイルスの発生が起きる可能性が高まります。