ザナミビルの効果とパラ菌による中耳炎

ザナミビルは効果的にインフルエンザウイルスの増殖を抑えることができる薬ですが、吸入器を使用しなければならないので、高齢者などの呼吸をする能力が低下している患者に対しては投与することができません。ザナミビルは上気道に直接薬を投与することで効果を発揮する仕組みなので、内服したとしてもほとんど効果はありません。またザナミビルはインフルエンザ予防の効果は全くないので、感染する前に服用したとしても全く意味がありません。中耳炎は風邪などを引くと耳の内部に炎症が起きて、耳が痛くなるなどの症状が起きるのですが、抗生物質などを服用すると比較的短期間で治癒させることができるので、重症化することはあまりありません。とくに免疫力の弱い子供がかかりやすい病気で、プールなどで感染することが多いとされています。中耳炎は鼻づまりが原因で起きることもあるので、アレルギー性鼻炎などの症状を抑えることで軽減させることもできます。中耳炎になりやすいタイプの人はパラ菌に感染することもあるので注意が必要で、パラ菌は比較的弱い菌なので子供だけに感染することが多くなっています。とくに喉の軽い炎症などを起こすことで知られていて、パラ菌による百日咳なども適切な対処をしなければ重症化する可能性があります。インフルエンザとパラ菌には関連性は全くありませんが、どちらも上気道に感染する点では一致しています。インフルエンザに感染した場合はザナミビルなどの抗ウイルス薬を服用しなければなりません。パラ菌の場合には症状が軽いことも多いので、薬を服用する必要がない場合もあります。また中耳炎が風邪によって悪化することもあるので、耳の奥が痛い場合などは抗生物質の服用を必要とします。