ザナミビルと小児と児童の登校基準

ザナミビルの処方を受けると2日くらいで症状が改善するのですが、インフルエンザの場合は感染してから1週間程度登校は控えなければならないという登校基準が作られていて、ザナミビルの投与によって3日程度で回復したとしても学校に通うことはできません。また会社でも一般的には1週間程度出社を控えなければならないルールとなっているので、インフルエンザの感染を防ぐ観点から登校基準の7日間はしっかりと守らなければなりません。実際には学校に申請をしていない場合には登校基準が当てはまらないので3日程度で投稿することができますが、その場合には他のクラスメートなどに感染を拡大してしまう恐れがあります。ザナミビルの投与は小児に対しては難しいとされているので、薬局で吸入器の指導を受けて使ったり、他の内服薬の処方を受ける場合などがあります。5歳以下の小児の場合にはインフルエンザの治療のためにザナミビルの吸引器を使用することができないので、内服薬が処方されることになります。小児の場合は内服薬を飲むのも難しいのですが、吸入器の場合は咳き込んでしまうことがあるので、薬の成分が上気道まで届いていない可能性もあります。内服薬の場合は水と一緒に飲むことで確実に胃の中まで運ばれるので、安全に服用することができます。小児の場合はインフルエンザに対する免疫力が弱いので、初期の段階で治療を初めて適切な薬の処方をしなければなりません。またワクチン接種は義務付けられていないのですが、小児や高齢者の場合は免疫力が弱いので、なるべくワクチン接種をしておかないとインフルエンザ感染で症状が重症化する危険性があります。ワクチンはインフルエンザのタイプが異なっていてもある程度の抑止力になるので摂取する意味は十分にあります。